手付金はいくらくらい必要か?

手付金についてはいくらというルールはありません。

手付金は英語でEarnest Money_(アーネスト・マネー)とも呼ばれ、アーネストには「真面目な、真剣な」という意味があるように手付金の多寡が買主の真剣さを示すバロメーターでもあります。

通常は購入価格の0.5%~1%くらいを目処に、20万㌦の物件なら千㌦、100万㌦の物件なら一万㌦くらいを考えるとよいでしょう。

手付金は契約書に記された買主の解約条項に基づく解約を行使した場合には全額が戻ってきます。

日本からハワイの指定口座に電信送金するかハワイの銀行発行のキャッシャーズ・チェックで支払います。

Category: