よくあるご質問

ハワイ不動産についてよくあるご質問

ハワイの不動産にかかわることで、お客様からよくいただくご質問をまとめました。
各質問をクリックすると質問に対する回答を見ることができます。


ローン

通常は、直近2年分の源泉徴収書と個人税務申告書や、直近2ヶ月分の給与明細と銀行取引明細、直近2ヶ月分のクレジットカードの支払い明細書、充分な頭金があることを示す資金証明(残高証明)、パスポート、また、自営業の方は直近2年分の事業の税務申告書および会社決算書などが必要です。

Category: ローン

可能です。(審査の結果ローンが組めないことはあります。)

ハワイでローンを組んで購入されることを決めておられるのであれば、物件探しを始める前に“仮の借入れ申込み”(無料)をされることをお奨めします。

売主によっては買主がオファー(購入申込書)を提出する際に“仮の借入れ証明書”を要求することがあります。“仮の借入れ証明書”があると売主がオファーを受け付けてくれる可能性が高まると同時に、成約後にローンが組めないことが分かるなどの時間の無駄も防げ、借り入れ可能な金額がわかり購入の予算を組むことが可能となります。

Category: ローン

一般的に非居住者(別荘・投資物件を含む)の場合は購入価格の40%が頭金として必要です。
また、ローンを組むための手数料や諸経費が物件価格の3%ほどかかります。

Category: ローン

Load More